ナマオの四足研究所

ナマオの四足研究所

~四足タイムトライアル実行委員会代表のブログ~

【四足ニュース】ギネス世界記録の女子部門が誕生!

ご無沙汰です!

つい先ほど、特大ニュースが飛び込んできました。

2014年の大会以来の衝撃です。

なんと、四足走行100mのギネス世界記録に、女子部門が新設されたとのことです。

初代世界記録保持者は“JULIE HOLLAND”さん(USA)で、記録は22秒99。

2021年8月9日にカナダで記録されました。

彼女は馬をモデルにした走り方をしているそうで、同じく馬派の私としてはちょっと嬉しいところ。

 

動画はこちら(0分50秒あたり~)


www.youtube.com

 

以下、英語の記事と日本語訳です。

www.barrierestarjournal.com

彼女の100メートルの時間は非公式に22.99秒でした。

これは、オリンピックチャンピオンのエレイントンプソン-ジャマイカのヘラが最近の東京オリンピックで金メダルを獲得するのに同じ距離をカバーするのにかかった時間の2倍です(10.61秒)。

それでも、ヴァーノンの夏の居住者であるジュリー・マッキャン(旧姓ホランド)は、トンプソン・ヘラが決してしなかった方法で100メートルをカバーしました。


3人の母親である38歳のマッキャンは、8月9日月曜日の朝、グレーターバーノンアスレチックパークで、四つん這いで22.99秒の非公式クロッキングで100メートルを走りました。

はい、彼女は足と手を使って、四つん這いで100メートルをカバーする最速の女性として非公式のギネス世界記録を樹立しました。 彼女の両親であるケンとシンディホランドは、彼女がどこから才能を得たのかわかりませんが、彼女は3歳の頃からそのようなことをしています。

マッキャン自身は、いつも馬になりたいと思っていたと言いました。 彼女は20代まで手と足で走り続けました–時にはパーティーのトリックとして。

「約6年前、日本の男性が男性の世界記録を樹立したのを見ました。これが世界記録になるとは信じられませんでした」と、夏の終わりに家族と一緒にカルガリーに引っ越すマッキャンは言いました。 。

「私はちょうど私の3番目の子供である私の小さな女の子を出産しました、そしてこれは私に再び活動するようになる動機を与えるだろうと思いました。何よりも、自分にできることを証明したい。私は20代でそれを行うことができましたが、それでも30代でそれを行うことができますか?」

マッキャンとギネスによると、月曜日の目標は25秒未満になることでした。彼女はトレーニングで22秒で距離をカバーしました。公式タイマーのアクバル・ムンド、アン・ホームズ、マーティ・スタインの準備が整ったマッキャンは、スターティングブロックに腰を下ろし、22.99秒後にフィニッシュラインを通過するまでまっすぐになりませんでした。


マッキャンは月曜日にたくさんのサポートをしてくれました。彼女のお母さんとお父さん、そして叔母と叔父、いとこ、ヴァーノン市の目撃者、タイマー/目撃者と写真家/ビデオグラファーとしての家族の友人、そして彼女の4人の最大のファン、彼女の夫、デレクと3人の子供、ハンター、オースティン、アデリーヌがそこにいました。グランドスタンドの前にあるGVAPトラックのフロントストレッチで彼女を応援する20人近くの人々。

「それは実際に大きな違いを生みます」とマッキャンは言いました。 「試運転を行ったとき、私はたくさんのサポートを持っていませんでした、そしてそれはずっともっと疲れを感じました。でもみんなが応援してくれるのが聞こえました。そのため、通常は約10〜15秒で、体にかなりの負担がかかります。でも今日は続けられる気がしました。」

マッキャンの長男ハンターはおじいちゃんのケンから離れ、母親の前でフィニッシュラインを越えました。これにより、オランダ、ヴァーノン出身のホッケーの殿堂、そしてNHLのエドモントンオイラーズの現社長に気の利いたリブが生まれました。イベントの後、彼は娘へのプライドを隠すことができませんでした。

「以前は彼女が足と手で走るのは奇妙だと思っていましたが、35年後の今、彼女は世界記録を樹立しています」とオランダは笑いました。 「運命がどうなるかはおかしい。妻のシンディと私は彼女をとても誇りに思っています。彼女は今日のために本当に一生懸命トレーニングしています。」

結果はギネスに提出され、マッキャンが実際にヴァーノンで世界記録を樹立したことを確認します。

彼女がもう一度それをするかどうか尋ねられて、マッキャンは「ハートビートで」と言いました。

「通常のトレーニングを再開しますが、これができることはわかっています」と彼女は言いました。 「私の名前がギネスブックに載るまで、私は立ち止まりません。」

 

一応、非公式ではあるみたいです。

それにしても、子供三人を持つ38歳でこの記録……凄まじいですね。ブランクも相当あったでしょうに。

女子の四足ランナー自体は、これまでもブログで紹介してきたように、決して珍しくはありません。しかしギネス世界記録に挑戦した人はこの方が初めてです。この時が来るのをずっと楽しみにしていました。

ジュリーさんは、カナダ在住でしょうか。彼女に触発されて、カナダで四足競技者が増えることを期待しましょう!

 

久々の胸熱ニュースでした!

私も、また四足のイベントが開催できるよう頑張ります!